..........手巻き CLUB
好みのシャグを好みの巻き方で。オリジナルがいい感じ!
香りや喫味を変えてみませんか?


手巻タバコが好き!

手巻煙草グッズの通販はコチラ
手巻用シャグ煙草はコチラ


■材料一服分
巻いてみたいタバコの葉 ・・・・・・・・・ 適量♪  
ペーパー または フィルム ・・・・・・・・・ 1枚 (^_^;)
フィルター または チップ
(お好み・無くて良し!)
・・・・・・・・・ 1個 (^_^;)

巻いてみよう!(フィルター無し基本形)
巻いてみよう!(チップあり:応用編)
■オプションのご案内
  ・フレーバー各種  ・道具を使う  ・ハーブ

■巻いてみよう!(フィルター無し基本形)
お好みの刻み煙草を用意します。(ちなみにコレはKEMKAMオススメの「ゴールデンバージニア」)
↓↓↓


ペーパーを用意します。(ちょっと変り種、ワイヤー入りペーパー「ランディーズ」で巻いてみます)
↓↓↓

ワイヤー入りなので喫い進むと↑↑↑こんな風に燃え残ります。ワイヤーを持って喫うことができるので、フィルターを使わない方にオススメです。
↓↓↓

ペーパーの糊が付いている面を上にして置きます。手前にワイヤーの方が巻きやすいです。
↓↓↓

煙草の葉っぱはコレぐらいかな?。均一に広げます。形成されたフィルターを使う場合は太さも大体決まってきますが、使わない場合は何度か試して好みの太さ、葉の詰り具合を探してください。
↓↓↓

いよいよ巻き!
写真は片手ですが、両手を使って葉をまとめるように巻き込んでゆきます。巻き寿司の要領ですが・・・(今日び巻き寿司は作らないかな・・・)最初のひと巻きで太さが決まりますので、失敗した!と思ったら、ここで躊躇無く葉の量を調整して下さい。
↓↓↓

両手で持ち上げて下の写真の様に「くりくり」と指の腹で転がします。ココんとこポイントです!2〜3回くりくりすると巻きがしっかりしてきます。

間髪入れずに糊の部分を舌先で舐め、巻き閉じて下さい。
↓↓↓


巻き閉じてフィニッシュ♪

□喫う前のちょっとしたコツ!
やっぱり、巻きたてが一番!できればさりげなく手早く巻き上げて、シュボッ!っと着火までゆきたいものですよね。シュボッ!の前には是非コレを。

恥ずかしながら私は「トントン」と呼んでいます・・・
両切りファンなら知らず知らずのうちに手が動いている方も多いと思いますが、机や
ZIPPOなど硬くて平らなところで一方を叩きます。葉っぱが詰ったら、吸い口をつぶしてくわえて下さい。
↓↓↓
はみ出た葉っぱは切って再利用するも良し。そのままワイルドにくわえるも良し。上手に喫う方は「巻きっぱなしでも葉っぱなんか入らないよ」とおっしゃいます。

う〜〜〜ん、まだまだ私も青いようです。

\(^o^)/



■巻いてみよう!(チップあり:応用編)
基本的な巻き方は「基本形」と同様ですが、ここではチップの使い方をご紹介します。

チップはこんな
冊子状になっている事が多いです。1枚ペリッと剥がします。
↓↓↓
ちょっと見えずらいですが、大抵のチップには折りやすくするためのガイド線がついていますので線に沿ってジャバラに折り、残りを巻いて円筒形にします。(煙をスムースに流す工夫です)
↓↓↓
 
今回のペーパーはコニャック風味の「ゴールデンラップ」。巻き方は基本形と同じですが、チップも一緒に巻き込みます。
↓↓↓


巻き上がりはこんな感じです。
 

\(^o^)/

ここで紹介している商品の購入はコチラ


このページのTOPへ



Copyright (C) 2006 by tobacco&goods KEMKAM All Rights Reserved.